トピック

■ジュヴレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ プティット・シャペル 2001年

デュガ・ピィ/ジュヴレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ プティット・シャペル 2001年 フランスブルゴーニュの素敵なワインです。このワイン日本で有名になったのは、松田優作「蘇る金狼」で最後に少し頭が行ってしまった勇作が飛行機に乗ってスチュアーデス(あえて昔の言い方)に対して、2001年物のジュベルシャンベルダンを飲ませてくれという。映画の設定の中でも時代は70年代。つまりまだ至っていない未来の […]

社長のあるある ① 社外は利口、社内はバカ

◆ 日本の社長は「家長」であるので、圧倒的上位者の認識が存在する。 主従関係というよりも、所有関係に近い意識が存在する。従業員は社長のモノ(人)。 一家の大黒柱である父親のいうことが絶対であるのと一緒である。 息子:「おやじはいつになったら俺を認めてくれるんだよ!いつまでも俺は     子供じゃないんだよ!いい加減一人前と認めてくれよ!」 おやじ:「まだまだだめだ」 実力とは関係のない次元で認めら […]