バリューチエーン

一倉定 経営心得 その㊵ いかなる時も、商品は、自らの手でうらなければならない。

一倉定 経営心得 その㊵   いつ、いかなる場合も、自らの商品は、自らの手でうらなければならない。   1990年までの時代に、バリューチェーンという言葉はどこまで普及していたであろうか。各企業の部署部門のすべての部門が各会社のコアコンピタンスを維持するために統合的に機能しなければならない。例えば、CHANELは高級というコアの価値がある。それであれば材料の仕入れ部門は高級な資材を仕入れなければい […]

一倉定 経営心得 その⑪

一倉定 経営心得 その⑪   理想的な経営構造は、「工場を持たないメーカー」である。   この言葉から連想される現代?近代?のビジネス用語としては、 ファブレス経営、ODM、OEM。サプライチエーン。バリューチェーン。 一倉先生が、こんなメリケン言葉を知っていたとは思えない。5000社の企業を見ての感想、たどり着いた結論であろう。「作ること以外脳の無い生産会社にやってもらえばいい。」 随 […]