PDCA

一倉定 経営心得 その㉝ 計画が目標と乖離し始めた時の対処法。オプション。

一倉定 経営心得 その㉝   目標はその通りいかないから役に立たないのではなく、 その通りに行かないからこそ役に立つのである。   目標と現実の乖離、予実格差(予算と実際の格差)、PDCA、、、、 目標計画との格差こそ、経営の中核といえる。 まず、計画と乖離があった場合、どこまで回復できるかは、会社の規模と質によるところが大きいい。どんな会社でも年に一度は計画を立てる。年度予算、年度目標。などであ […]

一倉定 経営心得 その㉘   経営計画とそのチェック事前の共有

一倉定 経営心得 その㉘   経営計画は、社長の意思を表明したものであり、定期的な達成度のチェックは、社長の執念の現われである。   社長が自分の意志を表明するために決意を表明するのは結構。先頭に立って執念を示すのも結構。さて問題は、達成度のチェックをどうするか。 実は、計画を立てること、目標を立てることは、頭は使うがたいしてつらくない。全然ストレスない作業だ。本当のつらさは、「道すがら」がつらい […]

有名なPDCA 実際はどうなの

NO IMAGE

❶ PDCAとは 「Plan=計画」「Do=実行」「Check=評価」「Action=改善」の4つの英単語の頭文字で、「PDCAサイクル」とも呼ばれます。P→D→C→A→P……といった具合に、4つの段階を循環的に繰り返し行うことで、仕事を改善・効率化することができる方法。経営学の初期の時期から1950年ごろからの着想。 ❷ PDCAに対する悪意のある見方 米国のウィリアム・エドワード・デミング博士 […]